「視力のいい人ほど老眼になりやすい」はうそ!

「視力のいい人ほど老眼になりやすい」はうそ!

よく「視力のいい人ほど老眼になりやすい」という話を聞きます。確かに、40代の早いうちに「近くのものが見えなくなった」と、ものを遠ざけて見ようとする人たちは、視力の良い人ばかりのような気がします。逆に近視の強い人は「私は近視だから老眼にはならないわ」と考えている人がいます。

 

しかし、それはなんの根拠もないウソ!デマなのです。老眼になるのに、視力の良い人、遠視も近視も関係がないのです。言い換えれば、遠視の人も近視の人も老眼になるということなのです。

 

それは、なぜ老眼になるのかという仕組みを知ればわかることです。

 

老眼というのは、眼のレンズ機能を果たす水晶体が、老化現象により厚くしたり薄くしたりというピント調整ができなくなるため起こる現象です。水晶体が固まってしまうとされています。

 

それではなぜ視力のいい人が老眼に早くなりやすいというイメージが定着してしまったのかというと、おそらく、近視や遠視の人は普段からメガネやコンタクトをつけて視力矯正をしています。「見えにくい」という状態に慣れてしまっているとも言えるでしょう。しかし視力の良い人は、「見えにくい」という状態に慣れていません。そのため、いち早く違和感に気づくのでしょう。ただし老化の進行には個人差があるため、老眼になるタイミングは人によって違います。

 

少しでも「見えにくいな」を感じたら、すぐに眼科へ行き目の検査をしてもらいましょう。「私は大丈夫」と考えていると、発見が遅れてしまいますよ。