眼にいい栄養素

眼にいい栄養素

眼の老化、視力の低下などは、年とともに避けられない問題でもあります。しかし、普段の努力次第ではそれを遅らせることはできます。

 

普段の生活を規則正しいものをすることは大前提と言えますが、何より大切なのは食事を心がけることです。

 

中でも眼に良いといわれる食事を目的意識的に摂取しましょう。しかし、眼に良い物ばかりを食べていても仕方がありません。バランスの良い食事、これが基本となります。その上で眼に良い食材を取り入れましょう。

 

抗酸化作用の強いルテインが多く含まれている食品は、眼の健康にとてもいいとされています。ルテインはカロチノイドは、眼の水晶体と網膜に蓄積され、外から入ってきた紫外線やブルーライトから眼を保護し、酸化するのを防いでくれます。緑黄色野菜にはルテインが多く含まれていますが、その中でも特に多いのがホウレンソウ、ブロッコリー、レタス、キャベツ、かぼちゃなどです。ホウレンソウなどはその中でもダントツに含有量が多く、油でいためて食べるとなお吸収力が良くなるといいます。

 

そして、CMなどでもご存知の方も多いと思いますが、眼にいいというと真っ先に思い出すのは「ブルーベリー」ではないでしょうか。ブルーベリーに含まれているアントシアニンが眼の疲労を取り、健康を維持するのに効果を発揮すると言われています。アントシアニンはポリフェノールの一種で、ブルーベリーのあの濃い色素、あれがまさにアントシアニンなのです。ブルーベリーのような濃い赤色をした食品にはアントシアニンが豊富に含まれています。ブドウ、赤ワイン、黒豆、紫芋、小豆など。

 

いくつになっても「見る」楽しみをなくさないように、バランスの取れた食事と、眼にいい食事を心がけていきましょう。