まつげエクステで角膜炎に?

まつげエクステで角膜炎に?

最近若い女性の間でとても流行しているまつげエクステンション。つけまつげよりまつげが自然できれいに見えると評判になっています。

 

まつげエクステンションは、まつげの形をした人工毛をまつげに直接つけることによって長さとボリュームを出す施術法です。つけまつげは朝のメイクのときにつけ、メイクを落とすときに外してしまうことに対し、まつげエクステは1、2ヶ月キレイな状態をキープすることができます。

 

しかし、そんな便利でキレイになれるアイテムであるまつげエクステも、実は注意をしないと眼を傷つけてしまう恐れがあります。実際、まつげエクステが原因で角膜炎を発症したという相談が相次いでいます。

 

角膜炎とは、眼の黒い部分の上を覆っている透明な膜で、これを傷つけることによって炎症を起こしたり、最悪の場合では視力を低下させる可能性もあります。角膜炎はひどい痛みを伴い、眼の充血、目やにがでる、涙が出る、眼に異物感があるなどの症状があります。

 

まつげエクステをする際には、施術者の指導をしっかり守って正しくケアするようにしましょう。そして、施術を受ける店を選ぶことも大切です。まつげエクステは細かい作業であるため、技術がそれなりに高い人でないとそうした問題が発生する場合があります。クチコミや評判などをしっかり聞いてお店選びをするようにしましょう。

 

美しさを保つことも大切ですが、目は私たちが一生大切にしたい重要な器官でもあります。健康を第一に考えながらおしゃれも楽しみたいですね。