疲れ眼に効くツボ!

疲れ眼に効くツボ!

現代人が一番酷使している体の部分といえば、間違いなく「眼」ではないでしょうか。私たちは毎日パソコンやテレビ、携帯電話など、光を発するものをじっと見つめたり、1日中光のある場所で生活をしていたりします。常に何かを見ていて、休むことを知らない眼。眼を酷使することによってドライアイや疲れ眼などを引き起こし、疲れた眼があらゆる病気を呼ぶ可能性もあります。

 

大切なのは普段からあまり疲れさせないこと。酷使してしまったと感じたらしっかり休ませてあげることです。

 

そこで簡単にできる、疲れ眼を癒すマッサージをご紹介しましょう。ツボを利用したマッサージです。

 

眼の周りには眼の疲れに効くツボがいくつかあります。まず代表的なものとしては、晴明(セイメイ)というツボ。私たちが普段から、眼が疲れたときに押さえる、鼻の付け根と目頭の間のあたりのくぼみです。

 

次に承泣(ショウキュウ)。まっすぐを見たときにちょうど瞳の真下にある骨のくぼみ。目の周りの骨をたどっていくとくぼみに触ることができます。

 

こめかみも眼の疲れを取るのに効果的なツボです。太陽(タイヨウ)とも言います。

 

これらのツボを主に人差し指の腹を使って優しくプッシュします。カウントでいうと5秒ほど。強すぎず、そして弱すぎない程度の力で。1日何回という決まりはありませんので、気がついたときにいつでもプッシュするようにクセづけるといいですね。

 

これらのツボは眼の疲れを取るばかりではなく、眼の周りの筋肉や脂肪のたるみも解消してくれる美容のツボでもあります。目の健康と美容、両方を叶えてくれるツボです。忘れないでプッシュし続けましょう。