緑内障ってどんな病気?

緑内障ってどんな病気?

緑内障という病気、名前は聞いたことあるけれども、具体的にはどういう病気なのかイマイチよくわからない。そういう方も、これを読んで一緒に勉強しましょう。なぜなら年を重ねれば重ねるほど緑内障にかかる可能性が高くなるからです。誰でもかかる可能性のある病気であるため、どんな病気なのかを知っておくことが、早期発見につながることもあります。

 

緑内障とは、何らかの原因によって眼圧が強くなり、その眼圧のせいで視神経が圧迫され正常に見えなくなってしまう症状のことです。具体的には視野がどんどん欠けていってしまうという症状として現れます。

 

視神経がどんどん圧迫され損傷してしまうと、視野の欠損ばかりでなく、失明の危険性も出てきます。そしてそんな緑内障は40代では4人に一人がかかっている病気であるとされています。とても身近な病気なのです。

 

緑内障は初期段階で気づかれることはほとんどありません。具体的な数字では視野の4分の1が欠損してもなかなか気づかないといいます。視野の半分が欠損してやっと気づく人がほとんどだそうです。それは、視野の欠損は徐々に進むということ、そして人間は比較的中心部分しか見ていないということ、視野が欠損している眼ではないもう1つの眼で視野を補っているため、このような理由から症状に気づきにくいようです。緑内障は進むと、中心部しか見えなくなってきます。

 

緑内障の初期、中期の段階で自分で気づくのは無理に近いので、自覚症状がなくても一度眼科で検査されてみることをおすすめします。

 

渋谷で英会話
東京都・原宿のカフェで英会話のマンツーマンができる先生