ドライアイは眼の病気の根源?

ドライアイは眼の病気の根源?

社会全体のIT化が進むにつれ、どんどん増えていくドライアイ人口。今では1000万人以上の人がドライアイになっているといいます。

 

ドライアイの定義は、眼を潤す涙や脂の分泌が少なくなったり、質が変化することによって、眼が乾きやすくなる状態のことをいいます。

 

それではなぜ、パソコンなどの画面を見ることがドライアイになることとつながるのでしょう。パソコンやテレビなど、光を発するものをじっと見続けることによって、私たちの精神状態は常に緊張状態になります。パソコンを夜遅くまで続けていると眼がさえて眠れなくなるということがありますよね。それは光の刺激で脳や神経が興奮状態にあるためです。そういった状況が長く続くと自律神経に影響を及ぼし、まばたきの回数が急激に減ったりします。すると眼はまぶたによって濡らされることが少なくなるため、乾きやすくなります。その他には空調の影響で眼が乾いたり、ストレスなどによって涙の分泌が少なくなったり、コンタクトを常用していることでまばたきの回数が少なくなったりと、こういった理由からドライアイは引き起こされます。

 

あなたがドライアイかどうかを、次の項目でチェックしてみましょう。眼が重く感じられる、眼がゴロゴロする、眼が疲れやすい、眼が充血しやすい、光がまぶしく感じる。1つでも当てはまればドライアイである可能性があります。

 

ドライアイは特に痛みもなく、これとした異変がないため、放置されることがおおいのですが、ドライアイはさまざまな眼の病気を引き起こす根本原因となりえると考えられています。

 

横浜で家具をお探しなら
リサイクルショップ 家具家電買取 不用品回収・リサイクルなら[リタウン]