ドライアイ治療法&予防法

ドライアイ治療法&予防法

ドライアイは眼が乾いてしまう症状。眼が乾きやすい症状を放置しておくと、角膜や眼の表面が傷つきやすくなったりします。それが大きな眼の病気につながることもありますので、常日頃からドライアイの対策をしておくことがとても大切です。

 

病院ではドライアイかどうかを判断する検査はいくつか行われます。顕微鏡検査では涙の量を見たり、涙が目をしっかり覆っているかどうか、傷の有無などを確認します。涙の量を調べるシルマー検査というのがあります。目盛りのついた紙を下まぶたの端に放置して、5分間でどれぐらい濡れるかを確認します。それで涙の分泌量を計ることができます。BUT検査という、涙の質を調べる検査もあります。まぶたを開けた後、眼を覆っている涙がどれぐらいの時間で破れるか、乾くかを測る検査です。その時間が5秒以下である場合、ドライアイであると診断されます。

 

ドライアイと診断された場合、一般的には点眼薬を処方され、点眼をまめにするように指導されます。

 

それ以外に自分でできる予防法を知っておきましょう。普段の生活からドライアイを意識して生活をすれば、かなり症状を軽減させることができます。

 

・まばたきを意識的にする。
・パソコンの長い時間行わず、休憩を挟む。
・モニターの明るさを調節する。
・室内の湿度を上げる。加湿器を近くに置く。
・夜遅くまで作業することをやめる。夜は早く寝るようにする

 

最近ではパソコン作業専用、ブルーライトを削減してくれるメガネが売られています。そういうのを積極的に取り入れたいですね。

 

ブーチューブ