白内障にならないためにできること

白内障にならないためにできること

あなたの身内の方で、そして比較的お年を召した方の中で、白内障に係り苦しんでいる方はいらっしゃいませんか?白内障にかかると視力が落ちたり、見えにくくなってくるため、見ることにかなりのストレスを感じるようになります。

 

白内障とはどういう病気なのでしょうか。白内障は老化現象の一つです。私たちの眼の中には水晶体という、カメラで言うレンズ代わりをしている部分があります。水晶体は光を集めたり、ピントを合わせたりする役割を担っています。その水晶体が加齢などにより濁ってしまうことで、物の見え方を悪くしたり視力を低下させてしまうのです。白内障にかかると見た目にも眼の色が白く見えてきます。

 

白内障は避けられない老化現象だとされています。80歳以上の方ではほとんどのかたが白内障にかかってしまうといいます。しかし、老化現象は避けることはできなくても、遅らせることはできます。目のアンチエイジングです。

 

これといって重要なことはありません。普段の生活ですこし意識をすれば、白内障を遅らせることが可能になります。何よりも大切なのは規則正しい生活と、バランスのとれた食事を心がけることです。

 

そして、他の生活習慣病を引き起こす可能性のある喫煙、飲酒はなるべく控えるようにしましょう。目の病気は生活習慣病とも深く関係があるため、できるだけ体に悪いものを生活のなかから遠ざけるようにしましょう。

 

そして、紫外線の当たりすぎにも注意が必要です。目も肌と同じように日焼けをします。なるべくサングラスをかけるなどして紫外線カットを意識するようにしましょう。