「眼のアンチエイジング」を心がけましょう

「眼のアンチエイジング」を心がけましょう

眼は、寝ているとき以外は常に動いている働き者。私たちはそんな眼に甘えて酷使させすぎてはいませんか?人間は25歳を過ぎると老化が進むといわれていますが、それは当然眼にも言えること。普段の生活からしっかりとメンテナンス・アンチエイジングをしてあげないと、眼の老化はますます進むばかり。

 

眼の老化を早くもたらす原因としては4つの事柄をあげることができます。まず一つ目は血行不良。私たちの体は、全身に張り巡らされた血管によって必要な栄養素や酸素を運んだりしています。血管に血液を送り込む役割を果たしているのは、みなさんご存知の通り心臓です。そのため心臓から遠い場所は血行が悪くなりやすくなります。そう考えると眼の周辺というのは決して心臓から近い場所とはいえないでしょう。そして血管の細さも血行と関わりがあります。眼の周りに張り巡らされている血管は細い血管ばかり。細いとその分つまりやすくなったり、流れが鈍くなったりします。全身の血行をよくすること。それによって眼の周りの血行もよくなり、眼の動きを老化させることも遅らせることができます。

 

次に紫外線です。紫外線は皮膚に浴びすぎると炎症を起こしたり、ひどい場合は皮膚がんを起こす可能性があると指摘されていますが、、眼から入る紫外線も決して眼にいいとは言えないのです。紫外線は眼の奥、水晶体まで入り込み、水晶体を傷つけたり、角膜に炎症を起こしたりします。なるべく紫外線を眼から浴びないようにする努力が必要です。

 

乾燥も眼の健康には良くありません。乾燥するとドライアイになりやすくなり、ドライアイになると角膜や結膜などを傷つけ、眼の病気になりやすくします。

 

これら3つのことに気をつけながら普段の生活を送れば、眼の老化を少しずつ遅らせることができます。